• ランチメニュー
  • ディナーメニュー
  • アニバーサリー
  • 季節のコース料理
  • テイクアウト
  • キャロッツのこだわり
  • 当店へのアクセス

常陸牛専門店として31年を迎え、
オープン以来から使用する
常陸牛へのこだわり。

キャロッツでは、お客様がお肉をおいしく安心して食べていただけるよう、オープンから常陸牛の使用にずっとこだわってきました。
使用している牛肉は、外国産は使わずすべて常陸牛。
常陸牛にもさまざまな部位があり、料理の味がもっとも引き出せる、その料理に適した部位を提供させていただいています。

毎日店頭で、肉の安全性を保障する固体識別番号を表示。

▼このように入り口に提示しています。

▲仕入れ肉に掲示されている固体識別番号(右上)
 黒毛和種のランイチ(右下)

偽装表示などの事件の増加にともない、2004年にトレーサビリティ法が施工され、すべての牛に固体識別番号をつけることが義務付けられていますが、キャロッツではお客様により安心して食べていただくために、毎日店頭にて表示し、お客様に安心して食べていただけるように心がけています。

サーロイン
牛肉の部位の中で、ステーキ用として最も利用されている。霜ふりできめ細かくやわらかい。
ランプ
ランプはサーロインの後ろの尻肉で、肉色は鮮明できめ細かくやわらかい。
ヒレ
脂肪が少なく、きめ細かい肉質。一頭あたりの量が少ない。牛肉の最高部位。
イチボ
イチボ肉は一頭から約3〜4キロしか取れない貴重な肉。適当な霜ふり具合で当店オススメ部位。
肩バラ
強い繊維の赤身に層状の脂肪が付く。当店ではシチューに使用しています。
このページのTOPへ